ロンドン外為:ポンドが上昇、月初来の高値-英国EU離脱観測和らぐ

21日のロンドン外国為替市場で、英ポンドが対ドルで月初来の高値に上昇した。英国の欧州連合(EU)離脱が6月の国民投票で決まるリスクは、過剰に織り込まれていたとの見方が背景。

  この日発表された3月の英小売売上高が予想以上に落ち込んだものの、ポンドは主要16通貨の大半に対して値上がり。このところの世論調査は、EU残留派が6月23日の国民投票で大きくリードする状況を示唆している。ザ・ナンバー・クランチャー・ポリティクス・レファレンダム・フォーキャストによれば、同投票で英離脱が決まる確率はこの日、20%に下がった。

  ポンドは一時1.4440ドルと、3月30日以来の高値に達した。ロンドン午後4時16分現在は、前日比ほぼ変わらずの1ポンド=1.4330ドル。対ユーロでは、1ポンド=78.80ペンス。

原題:Pound Climbs to Highest This Month as Brexit Risk Seen Waning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE