英銀ロイズが625人削減へ、14年発表の計画の一環-労組

英銀ロイズ・バンキング・グループは2014年に発表した経費削減計画に基づき625人を削減するとともに21支店を閉鎖すると、労働組合のアコードが21日明らかにした。

  この削減は2017年までに約9000人を減らす計画の一環だという。対象は消費者向け業務やリスク管理、ファイナンスなどさまざまな分野で、一部の行員は別の部署に配置換えになる。一方で約195の新ポストを設けるという。

原題:Lloyds Eliminating 625 Jobs as Part of 2014 Plan, Union Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE