中国株下落、香港H株指数は上昇-バリュエーション格差が縮小

  • 香港ではH株指数が1.3%高、ハンセン指数は1.8%上げる
  • 本土市場では上海総合指数が0.7%安-CSI300指数は0.6%安

上海株と香港上場の中国本土株とのバリュエーション(株価評価)格差が21日、昨年10月以来の小ささとなった。海外投資家が中国銘柄に対し一段と強気に転じている。

  ハンセン中国AHプレミアム指数は前日比1.6%低下し129.27と、昨年10月27日以来の低水準。香港上場の本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が同1.3%高となる一方、上海総合指数は同0.7%下げた。

  H株は今年の安値から23%反発し、先月には強気相場入り。中国の経済と通貨が安定しつつあるとの兆しが広がった。京華山一香港の調査責任者、彭偉新氏は「投資家がますます香港上場株が魅力的だと見なしつつある。香港株のリスクリターン率は妥当で、バリュエーションギャップはさらに小さくなる公算が大きい」と述べた。

  21日の香港市場では、中海油田服務(2883 HK)やペトロチャイナ(中国石油、857 HK)、中国石油化工(SINOPEC、386 HK)が上昇。原油相場の持ち直しを好感した。ハンセン指数は前日比1.8%高の21622.25。

  本土市場ではテクノロジー銘柄と工業株が重しとなり、上海総合指数が下落。CSI300指数は同0.6%下げた。

原題:Hong Kong-Shanghai Valuation Gap Narrows to Least in Five Months(抜粋)
Hong Kong Stocks Climb as Energy Shares Lead Gains; Sands Drops
*CHINA’S CSI 300 INDEX FALLS 0.6% TO 3,160.6 AT CLOSE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE