米ベライゾン、携帯電話料金を担保にした証券発行に向け協議-関係者

米通信会社ベライゾン・コミュニケーションズは、顧客が支払う携帯電話料金を裏付けとする証券を米国で発行する方向で準備している。事情に詳しい関係者が明らかにした。この種の資産担保証券(ABS)は米国で初めてとなる。

  同社はスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)などの格付け会社と協議を進めており、ここ数週間には詳細な発行計画を立案するため投資家と協議した。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。ベライゾンはこの証券を購入するかもしれない投資家に対し、起債開始が6月あるいは7月になる可能性があると伝えたという。

  この関係者によれば、ベライゾンは「AAA」格付けの取得を狙っている。投資家の需要が旺盛なら、定期的な発行プログラムを策定し最大で年4回の起債を実施する可能性があるという。

  ベライゾンの広報担当者ボブ・バレトニ氏とS&P広報担当のミシェル・ジェームズ氏はコメントを控えた。

原題:Verizon Said to Start Talks for Bonds Backed by Mobile Phones(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE