麻生氏発言一部掲載せず、「財務省が為替の話おかしい」-公式サイト

  • 会見概要には質疑応答の主要部分を掲載と財務省説明
  • 為替市場は秩序立っているとの米財務長官発言後の閣議後会見

麻生太郎財務相の閣議後会見での為替に関する発言の一部を、財務省が公式サイトには掲載していないことが分かった。質問内容と答えに整合性がないのが理由と同省では説明している。

  麻生財務相は19日の会見で、為替相場の動きは秩序立っているとルー米財務長官が発言したのを踏まえた日本の為替政策を問われた。財務相の答えのうち「基本的に財務省が為替の話をするのはおかしいのであって、普通これ中央銀行でやる話ですから」と述べた部分が、サイトの会見概要から外された。

  財務省広報室は、米国についての質問に対して応答が欧州を念頭に置いた発言だったと説明、従来も質疑応答の主要部分を掲載しており今回もこれに沿ったとしている。

  米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席した麻生財務相は14日、ルー長官と会談後、為替相場の「一方的に偏った動き」に懸念を表明し、「過度な変動や無秩序な動きは悪影響を与える」との認識を確認したと記者団に発言した。一方のルー長官は15日の会見で、円相場の上昇に触れた上で、為替市場は秩序立っていると語っていた。麻生財務相の閣議後会見での為替発言は過去にも会見概要から一部削除されたことがある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE