中国:金融会社の新規登録停止、オンライン金融取り締まりで-財新誌

中国当局は来年1月までインターネット金融を取り締まるキャンペーンを展開しており、金融会社の新規登録を停止した。中国誌・財新が事情に詳しい関係者の話として21日報じた。

  同誌によれば、今月14日に始まったオンライン金融取り締まり期間中は、金融関連の名称や企業の登録を申請しようとしても、これまでのように国家工商行政管理総局の支部で簡単に登録できなくなり、金融当局からまず承認を得る必要が出てくる。

  取引所やファンド、投資運用会社、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社、オンラインファイナンス、インターネット経由で貸し手と借り手を結び付けるいわゆる「ピアツーピア(P2P)」、クラウドファンディング、ネット保険・決済などが新たな規制の対象として想定されており、上海や深圳、北京などの都市ではすでに登録が停止されていると同誌は伝えた。

  取り締まり期間中に検査に合格できなかった金融会社の免許は取り消されるという。

原題:China Suspends Registrations of Finance Firms: Caixin (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE