NY金:小幅続伸、強気相場入りした銀は昨年5月以来の高値に上昇

20日のニューヨーク貴金属市場では銀先物相場が続伸し、昨年5月以来の高値となった。銀は前日に強気相場入りした。銀連動型上場投資信託(ETF)を通じた保有量は過去最高に近づいている。

  TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メレク氏は電話インタビューで、「銀は金に追いつこうとしているみたいだ」と指摘。金は3月に強気相場入りした。「銀ETFへの投資は急増しており、それは金融のファンダメンタルズが銀上昇の土壌を養っていることを裏付けている」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の銀先物5月限は前日比1%高の1オンス=17.135ドルで終了。一時は17.255ドルと、昨年5月22日以来の高値をつけた。

  金先物6月限は前日比0.1%未満上げて1オンス=1254.40ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムも上昇した。

原題:Silver Climbs to Highest Since May After Entering Bull Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE