米シタデル:リチャード・シメル氏を起用-株式の新部門の責任者

資産家ケン・グリフィン氏率いるヘッジファンド運営会社の米シタデルは、新たに立ち上げる株式関連部門の責任者として、ダイヤモンドバック・キャピタル・マネジメントの共同創業者だったリチャード・シメル氏を起用する。シタデルは、流動性が不足し変動の大きさが増している市場でよりうまく舵取りするため株式事業を拡大している。

  シメル氏は、自身が設立したヘッジファンド運営会社スターリング・リッジ・キャピタル・マネジメント(運用資産2億5000万ドル=約274億4000万円)を閉鎖した後、7月初めにシタデルに加わると説明した。同氏はダイヤモンドバックを閉鎖後、2013年遅くからスターリングを運営している。

  コネティカット州グリニッチが拠点となるシタデルの新たな部門は、同社四つ目の株式部門となる。他の3部門である世界株式、サーベイヤー、レイブリンはシタデル(運用資産2350億ドル)の資本の約半分を占める。 

原題:Citadel Hires Richard Schimel to Run New Stock Trading Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE