ヘッジファンド業界から資金大量流出、1-3月は09年以来の大きさ

世界のヘッジファンド業界は今年1-3月に縮小した。市場のボラティリティ上昇がリターンを脅かし、投資家がヘッジファンドから引き揚げた資金の規模は2009年以来の大きさに達した。

  ヘッジファンド・リサーチの20日発表によると、業界からは1-3月に差し引きで150億ドル(約1兆6400億円)の投資家資金が流出し、運用資産額は2兆9000億ドルから2兆8600億ドルに減少した。これ以上の純流出が最後に記録されたのは09年4-6月の430億ドル。

  HFRIファンド加重総合指数によると、ヘッジファンドの1-3月のリターンは平均でマイナス0.7%。昨年全体ではマイナス1.1%だった。

原題:Hedge Funds Endure Biggest Outflows Since 2009 in First Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE