ユナイテッド:元エア・カナダのミルトン氏を会長に-物言う株主と合意

米ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスは20日、エア・カナダで最高経営責任者(CEO)を務めたロバート・ミルトン氏を会長に起用するとともに、取締役会の刷新でアクティビスト(物言う株主)と合意に達した。

  ミルトン氏(55)はヘンリー・マイヤー氏の後任として会長に就く。ヘッジファンドのアルティメーター・キャピタル・マネジメントとPARキャピタル・マネジメントは航空業界での経験がある会長就任を求めていた。マイヤー氏は元バンカーで昨年9月に就任したばかりだった。

  今回の合意に基づき、アルティメーター・キャピタル・マネジメントとPARキャピタル・マネジメントが取締役2人を指名した。両社の出資比率は計7.2%。

  20日の発表資料によると、PARのマネジングパートナー兼ポートフォリオマネジャーのエドワード・シャピロ氏と、オービッツ・ワールドワイドの前CEOだったバーニー・ハーフォード氏が取締役に直ちに就任する。

原題:United Names Robert Milton Chairman, Settles Proxy Dispute (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE