サウジ:100億ドル借り入れで合意、財政赤字穴埋めで-関係者

サウジアラビアは少なくとも15年ぶりの政府借り入れの条件について銀行団と合意した。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、サウジ政府は100億ドル(約1兆900億円)の融資でロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に約120ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せの金利を支払う。期間は5年で月内に契約が調印される見込み。

  銀行団には米国、欧州、日本、中国の銀行が参加していると関係者らが述べた。サウジは当初、最大80億ドルの借り入れを目指していたが応募銀行が多く規模を拡大したという。同国は財政赤字穴埋めのため、他の資金調達先も探している。

原題:Saudi Said to Agree Terms on $10 Billion Loan to Fund Deficit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE