バリアントで打撃のセコイア・ファンド、新規投資家の受け入れ再開も

米投資信託のセコイア・ファンドが、新規投資家の受け入れ再開を検討している。同投信はカナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルに多額投資し、同社株の急落で打撃を受けた。同投信はほとんどの新規投資家受け入れを2013年12月に停止している。

  運用を担当するデービッド・ポッペ氏は同投信のウェブサイトに掲載した書簡で、「この水準でファンドへの投資を始めたいという多数の要請がある。取締役会に対し近い将来の受け入れ再開を勧めることを検討している」と説明した。

  ポッペ氏はセコイア・ファンドの運用を担当する投資会社ルアン・カニフ・アンド・ ゴールドファーブの最高経営責任者(CEO)。同氏によれば、バリアントは年初時点でセコイア・ファンド最大の保有対象で、バリアントの株価は1-3月に74%値下がりした。

原題:Sequoia Fund May Reopen to New Investors After Valeant Dive (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE