トランプ氏とクリントン前国務長官が勝利確実-NY州予備選

更新日時
  • 指名レースのトップを走る2人は共にNY州で挽回を目指していた
  • クルーズ氏は指名獲得争いからほぼ脱落したとトランプ氏が指摘

米大統領選挙に向けた共和・民主両党候補の指名争いは19日、ニューヨーク州で予備選が行われ、共和党は不動産王のドナルド・トランプ氏、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官の勝利が確実になった。共に指名レースのトップを走りながらこのところ連敗を喫していた両氏は地元のニューヨーク州で挽回を果たした。

  共和党予備選の投票締め切り後まもなく、複数のネットワーク局がトランプ氏勝利の見通しを伝えた。ケーシック・オハイオ州知事とクルーズ上院議員は敗れた。トランプ氏は5日のウィスコンシン州予備選でクルーズ氏に敗北したほか、失言問題などでこの数週間は苦しい状況に置かれていた。

  民主党予備選でも、複数のテレビネットワークがクリントン氏勝利の見通しを示した。今回敗北を喫したバーニー・サンダース上院議員は、獲得代議員数や票数ではクリントン氏に後れを取っているものの、この数週間に行われた8州の予備選・党員集会のうち7つを制し、勢いを増していた。サンダース氏がニューヨーク州で勝利していたら、指名レースでのクリントン氏のトップの座は大きく脅かされた可能性がある。

  民主党候補指名争いは今月26日にペンシルベニア、コネティカット、デラウェア、メリーランド、ロードアイランドの各州で予備選が行われる。クリントン陣営は26日の予備選でリードをさらに広げ、サンダース氏の追撃をほぼ不可能にしたい考えだ。

  トランプ氏はこの日、ニューヨーク市マンハッタンの「トランプ・タワー」で、支持者らに感謝の意を表した後、クルーズ氏は「数字的にみて」指名レースから「ほぼ脱落した」と指摘した。ニューヨーク州での勝利は、来週の北東部諸州の予備選でトランプ氏に追い風となる可能性がある。来週の共和党予備選の代議員数は計172。

原題:Trump, Clinton Win New York Primaries to Regain Control of Races(抜粋)

(今後の予定などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE