米レックスマークを珠海艾派克科技とPAGアジアが買収へ-3930億円

  • 1株当たりの買収価格は40.50ドル、19日終値を17%上回る
  • 昨年10月にゴールドマンを起用して戦略的選択肢を検討

プリンターメーカーの米レックスマーク・インターナショナルは、中国の珠海艾派克科技とPAGアジア・キャピタルが率いる投資家連合による買収に合意した。レックスマークの価値を36億ドル(約3930億円)と評価している。

  19日の発表資料によると、レックスマーク株1株当たりの買収価格は40.50ドル。買収はすべて現金で行われ、買い手企業の出資やデットファイナンシングで買収資金は手当てされる。レックスマークの取締役会は買収を承認しており、株主と規制当局の承認を経て2016年後半に買収手続きは完了する見通し。レジェンド・キャピタル・マネジメントも投資家連合のメンバー。

  レックスマークのポール・ルーク会長兼最高経営責任者(CEO)は発表文で、「レックスマークの取締役会が株主の最高の利益になると考える胸躍る取引だ」と説明した。

  文書の電子化で印刷用品の需要が減少し厳しい経営環境に見舞われる中、同社取締役会は昨年10月にゴールドマン・サックス・グループを起用し、戦略的選択肢を模索すると表明していた。

  買収価格は19日の終値34.66ドルを17%上回る水準。株価は戦略的選択肢を検討する方針を公表した前日の15年10月21日終値に比べて12%上昇している。

  
原題:Lexmark to Be Bought by Apex, PAG Asia in $3.6 Billion Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE