欧州マーケットサマリー:株が3カ月ぶり高値、独国債上昇

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1325   1.1358
ドル/円            109.71   109.21
ユーロ/円          124.25   124.04


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   350.75     +1.51     +.4%
英FT100      6,410.26    +4.91     +.1%
独DAX      10,421.29   +71.70     +.7%
仏CAC40     4,591.92   +25.44     +.6%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .51%        .00
独国債10年物     .15%        -.02
英国債10年物     1.48%       -.03


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,252.00    -3.40     -.27%
原油 北海ブレント         45.59     +1.56    +3.54%

◎欧州株:3カ月ぶり高値、終盤に買い膨らむ-石油株と鉱業株が高い

20日の欧州株式相場は、指標のストックス600指数が3カ月ぶり高 値を更新。原油相場の反発を手掛かりに石油・ガス株が買われたほか、 鉱業株も値上がりし、終盤にかけて買いが膨らんだ。

フランスのトタルが石油・ガス株の上げを主導。前週の米原油生産 が減少したことが背景にある。英豪系BHPビリトンを中心に鉱業株も 買われた。同社が鉄鉱石生産見通しを下方修正したことが買い材料とな った。スイスの重電メーカー、ABBは3.8%値上がり。四半期利益が 予想を上回った。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)優先株は6.6% 高と急伸。ディーゼル排ガス不正に関連した賠償問題で、米国での訴訟 を回避できそうだとの見方を示した。

MPPM(独エップシュタイン)のギレルモ・ヘルナンデス・サン ペレ氏は「原油価格が相場を左右する要因となっている」とし、「原油 相場のボラティリティは終わらないだろう。需給は焦点ではない。これ は権力争いであり、もはやファンダメンタルズによるものではないこと を受け入れる必要がある」と語った。

ストックス600指数は前日比0.4%高の350.75で終了。一時は0.5% 安となった。最近の上昇で同指数は1カ月にわたるレンジから上抜けし た。ただ、欧州中央銀行(ECB)の刺激策に対する楽観が薄れ、成長 を促す同行の能力への疑念が高まったことから、昨年付けた過去最高値 を15%下回る水準にとどまっている。

投資家はECBの金融政策の方向性を見極めようとしている。エコ ノミストらは、ドラギ総裁が21日のECB会合で政策金利に手を付けな いことを実質的に確実視している。直近の過去を振り返ると、株価のボ ラティリティが高まる公算は依然大きい。

原題:European Stocks Advance as Crude Reverses Loss, Miners Climb(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債、3日ぶり上昇-ECB会合控えリスク回避の動き

20日の欧州債市場でドイツ国債が3日ぶりに上昇した。欧州中央銀 行(ECB)の定例政策委員会を翌日に控え、先に公表された追加緩和 策の詳細を見極めようとする動きが広がった。

ドイツがこの日実施した10年債(32億ユーロ)の平均落札利回り は0.15%と、2015年4月以来の低水準となった。

調査によるとエコノミストらはECBがあすの会合で政策金利を据 え置くと予想している。ドラギ総裁率いるECBは前回の会合で、政策 金利を全て引き下げ、社債を資産購入プログラムの対象に含めた。

キャンター・フィッツジェラルドの債券ストラテジスト、オーウェ ン・カラン氏(ダブリン在勤)は「ドラギ総裁の記者会見が始まるまで 市場はやや落ち着いた状態が続くだろう。特に社債購入プログラムがど のように機能し、『ヘリコプターマネー』とマイナス金利に関する説明 があるまでだ」とし、「21日まで総じてリスク回避の流れで現状維持と なるだろう」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、既発のドイツ10年債利利回りは前日比 2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.15%。前日まで の2営業日で4bp上げていた。同国債(表面利率0.5%、2026年2月償 還)価格はこの日、0.155上げ103.375。

フランス10年債利回りも2bp低下し0.49%。一方、ポルトガル10 年債は2bp上昇の3.14%、同年限のスペイン国債利回りはほぼ変わら ずの1.53%となった。

原題:European Bonds ‘Tread Water’ as Traders Wait for ECB’s Draghi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE