NY銅先物:一時3週間ぶり高値-世界的な株価上昇や原油反発で

19日のニューヨーク銅先物相場は一時、3週間ぶりの高値に上昇。世界的な株高や原油相場反発が材料視された。

  一部の米企業決算が予想を上回ったことやドル下落を受けて、世界的に株価が上昇。ドル安は代替資産としての商品の需要を押し上げる。また、市場が金属の供給過剰の解消に取り組む中で、原油値上がりで生産コストが上昇すると、鉱山会社による増産が抑制される。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物7月限は前日比2.7%高の1ポンド=2.2315ドルで終了。一時は2.234ドルと、3月29日以来の高値を付けた。8営業日で7回目の値上がりとなった。

  ロンドン金属取引所(LME)では銅やアルミニウム、亜鉛、鉛、ニッケル、スズが上昇した。

原題:Copper Futures Rise to Three-Week High as Equities, Crude Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE