サウジ:JPモルガンとクライン氏を起用、アラムコIPOで-関係者

  • サウジアラビアは早ければ2017年のアラムコ上場を計画中
  • アラムコIPO、世界最大の公開会社が誕生する可能性

サウジアラビアは国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)に向け、JPモルガン・チェースとマイケル・クライン氏を助言担当として選定した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。クライン氏は元シティグループのインベストメントバンカーで、現在は自身のブティック投資銀行を経営している。

  クライン氏はサウジ政府に戦略的助言を提供し、JPモルガンはIPOの準備作業に従事すると関係者らは匿名を条件に話した。JPモルガンを含む複数の銀行が引受業務を担当する可能性があるという。関係者らによれば、こうした協議はまだ初期段階にあり、IPOに関する最終決定は下されていない。

  サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子は、アラムコ株式を早ければ2017年に国内証券取引所に上場させる計画を進めている。上場が実現すれば、世界最大の石油輸出企業であるアラムコは時価総額で世界最大の公開会社となる可能性がある。

原題:Saudi Arabia Said to Pick JPMorgan, Banker Klein for Aramco IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE