米フェイスブック、傘下インスタグラムが業績の原動力に-クレディS

  • インスタグラムから得る売上高は今年だけでも買収額の3倍超に
  • クレディ・スイスのアナリストらが予想

米フェイスブックのインスタグラム買収は賢明だったとの見方が強まっている。

  フェイスブックは画像共有アプリを手掛けるインスタグラムを2012年に10億ドル(約1093億円)で買収。クレディ・スイスのアナリストは今や、フェイスブックがインスタグラムから得る売上高は今年だけでも同買収額の3倍を超えると予想している。

  ステファン・ジュ氏らクレディスイスのアナリストは最近のリポートで、「インスタグラムからの売上高寄与は16年1-3月(第1四半期)に5億7250万ドル、16年通期では約32億ドルになる」と予想した。

  インスタグラムとプレミアム動画が携帯端末およびデスクトップの広告収入の大きな原動力になると、同アナリストらは指摘。「1-3月の連結広告収入は52億4000万ドルとの当社予想は、フェイスブックのインスタグラムとプレミアム動画広告からの寄与額がそれぞれ5億7300万ドルと2億6000万ドルになるとの当社見通しを反映している」と続けた。

原題:Credit Suisse Says Instagram Is Going to Have a Huge Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE