米J&J:1-3月利益、予想を上回る-主力医薬品の売り上げ好調

ヘルスケア製品最大手、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の1-3月(第1四半期)利益はアナリスト予想を上回った。主力の医薬品の売り上げが好調だった。

  同社が19日発表した決算によると、一時項目を除く1株当たり利益は1.68ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の予想平均である1.65ドルを上回った。売上高は前年同期比1%未満増の174億8000万ドル(約1兆9130億円)。アナリスト予想は174億9000万ドルだった。純利益は42億9000万ドル(1株当たり1.54ドル)と、前年同期の43億2000万ドル(同1.53ドル)から減少。

  乾癬(かんせん)治療薬「ステラーラ」や抗凝固剤「イグザレルト」などの主力医薬品が好調だった。医薬品は売り上げが医療機器や消費者向けヘルスケア製品を上回り、同社最大の部門となっている。

原題:J&J’s Drug Sales Help Health Giant Beat Earnings Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE