VW:不正の内部調査難航、今月末の期限に間に合わない公算-関係者

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)で排ガス不正スキャンダルの実態把握に取り組んでいる社内調査団は報告書を期限としていた今月末までにまとめられないもようだ。1500台余りのノートブックパソコンからのデータ収集で手間取っているという。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  調査が内密であることを理由に匿名で発言した同関係者によれば、路上走行に際し排ガス制御を解除する不正技術を「音響ソフトウエア」と呼ぶなど数多くの暗語が用いられていることが調査を遅れさせている。これに加えコンピューターシステムの一部が不足し古いことも、従業員個人の責任を問えるだけの具体的な証拠発見を困難にしているという。

  VWは電子メールで配布した発表資料で「ディーゼル問題の究明について協議中だ」とし、「4月後半にコメントする」と説明した。

  VWによるスキャンダル解明への取り組みは、ほぼ全ての段階で予想以上に時間がかかっている。2015年通期決算の発表日を先送りしたほか、株主総会の開催日も延期、米国当局に解決策を提示する期限も1カ月引き延ばした。

  不正の全容解明はVWが危機を乗り越えて進むためには不可欠だ。同社は株主総会までに包括的な報告書の提出を計画しているが、スキャンダルの財務への影響が不透明だとして、開催を4月21日から6月に先送りした。

原題:VW Cheating Code Words Said to Complicate Emissions Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE