サウジの次なる警告に石油トレーダーら冷や汗-ドーハ協議不調で

  • サルマン副皇太子、イランの生産回復に増産で対抗することを示唆
  • 増産凍結協議の不調でサウジは生産増やす可能性:ナティクシス

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子がドーハでの原油供給に関する合意を阻止する発言をしていたことを受け、石油トレーダーらは副皇太子のもう一つの警告について考察している。それは、市場シェアをめぐるサウジとイランとの対立が悪化する恐れがあるという警告だ。

  サルマン副皇太子は、イランが参加しなければ増産凍結に同意しないと繰り返し発言してきた。イランは産油国16カ国が17日に開いた会合に参加しなかった。副皇太子はブルームバーグ・ニュースのこれまでのインタビューに対し、他の産油国が増産すればサウジも同じ方法で対応する可能性があると述べていた。イランは1月に経済制裁が解除されたことを受け輸出の回復を図っている。

  ナティクシスのアナリスト、アビシェク・デシュパンデ氏(ロンドン在勤)は18日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで「サウジはイランに対し、協議に参加しないのならサウジには生産を増やす力が十分にあるということを示唆した」と指摘。「どの程度増産できるか分からないが、増産凍結合意がなくなった今、サウジは計画通りに増産を進める可能性がある」と述べた。

  サウジアラムコ最高評議会会長は14日、需要があるならサウジが原油生産を日量100万バレル余り(約10%)引き上げ、同1150万バレルとする可能性があると述べ、6-9カ月以内に同1250万バレルまで増やし得ると説明した。ブルームバーグが集計したデータによれば、同国の3月の産油量は同1020万バレル。
  
原題:Saudi’s Other Warning Makes Oil Traders Sweat After Doha Failure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE