4月18日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ上昇、今週のECB会合では政策据え置きとの観測

18日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが3週間で最大の上 昇。市場では、欧州中央銀行(ECB)が今週の政策決定会合で金融政 策を据え置くとの観測が広がっている。

ユーロの向こう1週間の予想変動率は2014年9月のECB会合前以 来の低水準。ブルームバーグがアナリスト47人を対象に実施した調査で は、21日のECB会合での追加緩和は予想されていない。

市場が追加緩和の余地と効果の両方を疑問視する中、ユーロは3 月10日のECB会合以降に2.9%上昇している。ロイター通信は15日、 ECB当局者3人を引用し、米金融当局による利上げへの緩やかなアプ ローチに伴うユーロ上昇が見込まれるものの、ECBにはユーロ押し下 げに動く理由はないと報じた。ニューヨーク連銀のダドリー総裁は18 日、欧州の経済見通しは改善し始めているとの認識を示した。

CIBCワールド・マーケッツの外為戦略エグゼクティブディレク ター、バイパン・ライ氏(トロント在勤)は「ECBは様子見姿勢で、 今後数回の会合で同様の姿勢を続けそうだ」と指摘。「今後勢いを増し て1ユーロ=1.15ドルを超えられるかどうかに注目している。中長期的 に重要になる可能性があるからだ。特に21日の前にその方向性が見られ るようであれば、ドラギ総裁からより強めの言葉が聞かれる可能性があ る」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前週末比0.3% 高の1ユーロ=1.1313ドル。上昇率は3月31日以降で最大。対円で も0.3%上昇。一時は3年ぶり安値を付けた。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.2%低下した。

商品先物取引委員会(CFTC)の15日のデータによると、ヘッジ ファンドなど大口投機家が建てているユーロのネットショートは先週の 時点で14年6月以来の低水準。

エコノミストらは、ECBが9月の会合で追加緩和を検討するとみ ている。ドラギ総裁は先週、「現状では、超低インフレが賃金や価格決 定に及ぼす2次的影響を定着させないようにすることがECBにとって 重要な課題だ」と述べた。

ウニクレディト(ミラノ)のユーロ圏担当チーフエコノミスト、マ ルコ・バリ氏は「ユーロの上昇ペースは憂慮すべき状況ではないが、 ECBはユーロ高を快く思っていない可能性が高い」とした上で、「た だ、この状況に関して少なくとも今のところはECBにできることはあ まりない」と続けた。

原題:Euro Rises Before ECB Meets as Traders See Draghi Holding Policy(抜粋)

◎米国株:反発、ダウ平均は1万8000ドル台-決算への期待で

18日の米株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は昨年7月以降で初 めて1万8000ドル台を回復した。今週発表される企業決算への期待から 買いが入った。産油国会議で合意に至らず、原油相場が下落したもの の、材料視されなかった。

ハズブロは5.8%上昇し最高値を更新。ウォルト・ディズニーの映 画「スターウォーズ」のライセンス製品を一因に決算が予想を上回っ た。ディズニーは2.9%高。一時は6.8%安となっていた原油相場が下げ 渋ったため、エネルギー銘柄も高い。モルガン・スタンレーはほぼ変わ らず。コスト削減で決算は利益が予想を上回った。

S&P500種株価指数は前週末比0.7%上昇の2094.34と、昨年12月 1日以来の高値で終了。ダウ工業株30種平均は106.70ドル(0.6%)高 の18004.16ドルで終えた。ナスダック総合指数は0.4%上昇。

ウィリアムズ・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のプリンシ パル兼株式トレーダー責任者、スティーブン・カール氏は「業績や経済 動向、原油相場が市場を左右している。この日は業績を受けて上昇した 銘柄もあった。これから一連の好決算が発表され始めると、相場を押し 上げる明るい材料になる。株式相場は2月以降じりじりと上昇してい る」と述べた。

S&P500種は2月の安値から14%戻している。原油相場の回復や 金融政策が引き続き成長を支援するとの楽観が背景にある。同指数は年 初来で最大11%の下げを埋めた後、4カ月ぶり高値近辺にあり、昨年5 月に付けた最高値まであと2%未満となっている。

決算は金融危機以降で最大の減益になると予想されており、S& P500種の株価収益率(PER)は19倍と、6年ぶりの高水準近くにあ る。ビアンコ・リサーチがまとめたデータによれば、米金融当局が緩や かなペースでの利上げを続け、政府が追加の財政出動を実施しなけれ ば、1952年以降で初めて、リセッション(景気後退)入りせず、金融緩 和や財政出動もない状態での減益となる。

今週はゴールドマン・サックスやスターバックス、アメリカン・エ キスプレスなど90社余りが決算を発表する予定。第1四半期決算のアナ リスト予想は9.5%の減益となっている。年初時点での予想はほぼ変わ らずだった。

ジョーンズトレーディング・インスティテューショナル・サービシ ズのグローバル市場ストラテジスト、ユーセフ・アッバシ氏は「モルガ ン・スタンレーの決算が心配されていたよりも良かったため、金融とい う大きなセクターの一つが下支えられ、勢いが付いた」と指摘した。

S&P500種では全10セクターが上昇。エネルギーや選択的消費 株、ヘルスケア株の上げが目立った。

原題:U.S. Stocks Climb as Investors Look to Earnings, Oil Trims Slide(抜粋)

◎米国債:下落、ブラックロックが長期債の損失を見込む

18日の米国債相場は下落。ブラックロックは長期の米国債とユーロ 圏諸国の国債で、今後5年ほどは損失が発生するとみている。債券価格 の高さに加え、低金利がリターンを抑制するためという。

4兆6500億ドル(約506兆円)の資産を運用するブラックロック は、世界的に金利がマイナスに抑えられている時代でリターンを生み出 すには、投資家は激しい値動きと流動性の低下を覚悟せざるを得なくな ると指摘した。18日の米国債相場はニューヨーク連銀のダドリー総裁の 発言を受けて反落。ダドリー総裁は米経済に関するニュースの「ほとん どが好ましい内容」だと述べ、欧州の成長見通しにも改善がみられると 指摘した。

ブラックロックのグローバルチーフ投資ストラテジスト、リチャー ド・ターニル氏は「米国の長期債とユーロ圏の国債は今後5年、マイナ スのリターンになるというのが今の弊社の予想だ」と18日付のリポート で説明。「安全な投資先とリスク資産の間で想定リターンの開きが拡大 し、株式と債券の想定リターン差拡大に反映されるだろう」と分析し た。

経済成長とインフレに対する投資家の自信が揺らぐなか、債券への 需要が高まり、ブルームバーグのデータによると期間10年以上の米国債 の年初からのリターンは7.3%に達した。欧州や日本がマイナス金利を 導入し、世界的に国債利回りが大きく低下。資金は期間の長い債券や、 比較的利回りの高い米国債に向かっている。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前営業日比2ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)高い1.77%。同年債(表面利 率1.625%、2026年2月償還)の価格は98 22 /32。30年債利回りは2b p上昇の2.58%。

インフレ期待に敏感な30年債利回りは上昇。ダドリー総裁は「労働 市場が一段と強くなり、これまでインフレを抑制してきた一過性の要因 がなくなるのに伴い、インフレは今後数年かけて当局が目指す2%に戻 ると確信する」と述べた。発言内容はニューヨーク連銀のウェブサイト に掲載された。ダドリー総裁はまた、「著しい不透明感が続いており、 金融危機による成長への向かい風は完全に吹きやんでいないため、金融 政策の調整は漸進的かつ慎重なものになる可能性が高い」と述べた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は3月の会合で政策金利を据え 置き、年内に予想する利上げ回数を4回から2回に引き下げた。国際通 貨基金(IMF)は先週、米経済の成長率予測を引き下げた。

ブラックロックのターニル氏は資産クラスを超えた今後5年間の投 資見通しとして、「想定リターンの多くが危機後最低、あるいはその付 近になっている。多くは過去の平均を下回る。こうした想定には現在の バリュエーションの高さと、今後5年間の世界経済成長率の見通し低下 が反映されており、それは米経済の回復が長期にわたって横ばいで進む との見通しと整合する」と説明した。

原題:Treasuries Fall as BlackRock Expects Losses for Long-Dated Debt(抜粋)

◎NY金:小幅上昇、原油安と株高で日中はもみ合い

18日のニューヨーク金先物相場は小幅上昇。原油安と株高を背景に 日中は一進一退の展開となった。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「オーバーナ イトでは、原油が下げて、株も下げていたが、株式相場は下落分を全て 埋めた」と指摘。「それが金の材料として過去1時間半に起こったこと で、金の推移はそれで正当化できるだろう」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前週末 比0.1%未満上げて1オンス=1235ドルで終了。

銀先物5月限は0.4%安の16.253ドル。ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)のプラチナとパラジウムも下落した。

原題:Gold Swings as Traders Weigh Oil Losses Against Rising Equities(抜粋)

◎NY原油:続落、ドーハ産油国会合の物別れを嫌気

18日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が続落。17日にカタールのドーハで開か れた産油国会議では、生産水準据え置きでの合意が成立しなかった。原 油価格は一時6.8%安まで売り込まれていたが、クウェートの産油量が ストの影響で2日連続で減少したことを受け、下げ渋った。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブのエネルギーアナリス ト、ティム・エバンス氏は「市場には大きな材料が2つある。一つはド ーハ会合が物別れで終わったこと。これで石油輸出国機構(OPEC) が一枚岩でないことが確認された。もう一つはクウェートのスト。これ で原油市場からかなりの量の供給が減らされた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前営 業日比58セント(1.44%)安い1バレル=39.78ドルで終了。終値ベー スで今月8日以来の安値。ロンドンICEのブレント6月限は19セント (0.4%)下げて42.91ドル。

原題:Oil Falls as Doha Output Talks Fail Amid Saudi Demands on Iran(抜粋)

◎欧州株:反発、自動車株と鉱業株高い-石油・ガス銘柄は下げ縮める

18日の欧州株式相場は一時下げたものの、反発して終了した。自動 車株と鉱業株が買われたほか、石油・ガス銘柄は原油相場とともに下げ 幅を縮小した。

ドイツのダイムラーとBMWを中心に自動車株が上げ、指標である ストックス欧州600指数の業種別指数の中で上昇率首位となった。金属 高を背景にリオ・ティントやBHPビリトンなどの鉱業株も切り返し た。

銀行株も上昇に転じて終了。イタリアのモンテ・デイ・パスキ・デ ィ・シエナとUBIバンカが急騰した。

原油相場が下げ幅を削ったことを受け石油・ガス銘柄は下げを多少 埋めたが、上昇には至らなかった。仏トタルや英蘭系ロイヤル・ダッ チ・シェルなどが売られた。米アップルに部品を供給する英ARMホー ルディングスとダイアログ・セミコンダクターも軟調。アップルがスマ ートフォン「iPhone(アイフォーン)」の減産を継続すると報じ られたことが背景にある。

ストックス欧州600指数は前週末比0.4%高の344.20で取引を終え た。一時は1.4%安となった。ミラボー・セキュリティーズ(ジュネー ブ)のシニア株式トレーダー、ジョン・プラサード氏は「原油価格が相 場を押し上げた」とし、「まだマイナス材料だとしても、寄り付き時ほ どではない。ドーハでの産油国会合の結果は概ね予想された通りで、6 月までに再び会合が開かれるとの臆測があるためだ」と語った。

原題:European Stocks Rise as Carmakers, Miners Gain, Oil Pares Drop(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債下落、利回り0.16%-スペイン債割高とサイモン氏

18日の欧州債市場では、ドイツ国債が下落。10年債利回りは終値ベ ースで前週末比3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の0.16%となった。

この利回りはスペイン債の約10分の1の水準。それでもドイツ債の 方に投資妙味があると、サンタンデール・アセット・マネジメント で118億ユーロの資産運用に携わるフランシスコ・J・サイモン氏は指 摘する。同氏は償還まで7年以上のポルトガル債とスペイン債、イタリ ア債を過去1カ月に全て売却したと話す。

サイモン氏はインタビューで、「周辺国債は現在、価格が高過ぎ る」と述べた。その上で、スペイン10年債利回りが1.6%前後まで上昇 し、「スペインないし周辺国に新たな負の衝撃」がなければ、周辺国債 に再投資するかもしれないと付け加えた。

スペイン10年債はこの日、ほぼ変わらず。利回りは1.49%で取引を 終えた。

サイモン氏によれば、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和が南欧債 の価格を過剰に押し上げた。このため、投資家が危険を察知すれば、相 場は反落する可能性がある。そのような危険とは「中国リスクと世界的 な減速がユーロ圏に影響を与える非常に弱い経済状況」と同氏は説明 し、景気減速と低インフレの環境から最も恩恵を受けるのはドイツ10年 債だと付け加えた。

ブルームバーグの世界債券指数によると、ドイツ債のリターンは年 初から前週末まででプラス4.1%。これに対し、スペイン債は2.4%、イ タリア債は2%となっている。

原題:Spanish Debt Too Costly for Santander Fund Manager Buying Bunds(抜粋) Euro-Area Bonds Fall With German 10-Year Yield Rising to 0.15% (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE