ECB:超国家・国際機関の債券購入する域内中銀増加へ-QE拡大で

欧州中央銀行(ECB)は量的緩和(QE)プログラムが進む中で、ユーロ圏に拠点を置く超国家ないし国際機関などが発行した債券の購入を開始する中銀が域内に増えるとの見通しを示した。

  この見通しはQE拡大に伴うものだと、ECBは18日にウェブサイト上に掲載した声明で説明。QEの月間購入額は3月から800億ユーロ(約9兆8550億円)と、それまでの600億ユーロから引き上げられた。

原題:More Euro-Area Central Banks to Make Substitute Purchases in QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE