中国株:上海総合、約3週間ぶり大幅下落-原油安でエネルギー株軟調

更新日時
  • 中国石油化工やエン州煤業が値下がり
  • 住宅価格上昇で抑制策めぐる懸念強まったと君康人寿保険の呉侃氏

18日の中国株式市場で上海総合指数が約3週間ぶりの大幅下落。エネルギー銘柄と不動産株を中心に値下がりした。原油安に加え、住宅価格上昇がより多くの都市に広がったことで当局が不動産市場の沈静化に動くとの懸念が強まった。

  上海総合指数は前週末比1.4%安の3033.66と、12日以来の安値で取引を終えた。中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は3%下落し、エン州煤業(600188 CH)は2%下げた。国有建設会社の中国建築(601668 CH)など不動産関連株も安い。CSI300指数は前週末比1.3%安。

  君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は、「原油安で世界的にリスク資産への投資意欲が大きく落ち込んでおり、負のセンチメントの影響も受けている」と分析。また、「不動産価格の上昇は理にかなっておらず、実際には投資家の間で一段の抑制策につながるとの懸念が強まってきた」と述べた。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前週末比1.4%安で終了。華能国際電力(902 HK)の下げが目立った。ハンセン指数は0.7%安で引けた。

原題:China’s Stocks Slump Most in Three Weeks as Oil Producers Slide(抜粋)
*CHINA’S CSI 300 INDEX FALLS 1.3% TO 3,228.45 AT CLOSE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE