トヨタの4-6月営業益、300億円強下押しとの見方-熊本地震で

熊本地震によってトヨタ自動車の4-6月の営業利益が300億円強、押し下げられる見通しとの見方が出ている。部品調達に影響が出ており、トヨタは今週、国内の主力工場を段階的に停止する。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニアアナリストの杉本浩一氏は18日付のメモで、トヨタが九州以外の国内組み立て工場の稼働を19日以降に順次停止すると発表したことを受けて、減産規模がトヨタとレクサスブランド車で5万6000台、ダイハツ車を含めると計6万3500台と推計している。それにより、トヨタの4-6月の営業利益を300億円強、押し下げる見通しとした。

  トヨタは17日、田原工場(愛知県田原市)など全国26ラインを段階的に停止すると発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE