NY外為(15日):ドル下落、弱い米経済指標で利上げ観測が後退

更新日時

15日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロと対円で4日ぶりに下落。米経済指標が予想を下回り、利上げ観測が弱まった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下。前日までの2日間で3週間ぶりの大幅高となっていた。3月の米鉱工業生産統計では製造業の生産が 市場の予想に反して低下、全体の鉱工業生産指数もマイナスとなった。4月の米消費者マインド指数は市場予想に反して前月から低下し、7カ月ぶり低水準をつけた。

  まだら模様の米国内統計を受け、9カ月ぶり低水準から反発し始めたばかりのドルの足下が揺らいでいる。アトランタ連銀のロックハート総裁は14日、成長の軟化と依然低い水準にあるインフレを踏まえて、今月の利上げはもはや求めないと述べた。

  コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)のチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は「データがドル軟化の大きな材料になっているのは確かだ。それにより、今週に入ってからの緩やかなドル上昇の勢いがそがれている」と指摘した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比0.1%安い1ユーロ=1.1284ドル、対円では0.6%安の1ドル=108円76銭となっている。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。前日までの2日間では0.7%上げていた。

  ドルは円とユーロに対し、週間では3週間ぶりに上昇した。

  ブルームバーグの経済サプライズ指数によれば、今月に入って以来、経済指標は市場予想を下回っている。

  製造業生産指数は市場の0.1%上昇予想に対して0.3%低下した。これで2カ月連続マイナスとなった。全体の鉱工業生産指数(製造業、鉱業、公益事業の生産を対象)は2カ月連続で前月比0.6%の低下。4月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は前月から低下した。

  これを背景に年内の利上げ観測が弱まっている。米金融当局は年内2回の利上げを予想しているが、金利先物市場のデータでは年末までに利上げが1回実施される確率は50%となっている。この算出は次回の利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.625%になるとの仮定が基になっている。

原題:Dollar Falls as Factory Data Challenge Outlook for Higher Rates(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE