G20:租税回避地を対象に罰則検討-「パナマ文書」踏まえ

更新日時
  • 国際基準を満たさない地域に防御的措置を検討
  • 中国が強く反対、米国も消極的だったとG20当局者

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は15日発表した共同声明に、銀行の顧客情報を共有しない租税回避地に対し罰則を検討する方針を盛り込んだ。富裕層のオフショア口座に関するいわゆる「パナマ文書」流出で、税逃れへの怒りが各国に広がっていた。

  G20は共同声明で、口座保有者の情報交換を義務付けた国際基準を満たさない金融センター・地域への「防御的措置」を検討すると表明。透明性向上が国際金融システムに不可欠だとし、経済協力開発機構(OECD)に対して7月までに「非協力的地域」を特定するための基準を作成するよう指示した。

  協議内容を知るG20当局者2人によると、声明の税に関する部分に最も抵抗したのは中国で、米国も消極的だった。声明でパナマが名指しされなかった主な理由は中国が反対したためだと、当局者の1人は匿名で話した。会合が部外秘との理由で匿名で語った。ワシントンにある中国大使館の報道官にG20会議での中国の立場についてコメントを求めたが、現時点で返答はない。

  ルー米財務長官は記者会見で、「税逃れや租税回避地の発展を許している国際税制の問題に対処するのに必要な統一見解」について、G20が「非常に強力な文言を声明に盛り込んだ」と述べた。

原題:G-20 Threatens Penalties on Tax Havens After Panama Papers (2)(抜粋)

(第3段落以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE