欧州株(15日):6日ぶり下落、自動車株が安い-週間の上げ幅が縮小

15日の欧州株式相場は6営業日ぶりに下落。自動車株の下げが目立った。指標のストックス欧州600指数は週間ベースでプラスとなったものの、上げ幅を縮めた。

  ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の優先株は2.4%下落。欧州自動車工業会(ACEA)の発表によれば、同社の欧州市場でのシェアは1-3月(第1四半期)に5年ぶり低水準となった。独ダイムラーは2.1%値下がり。原油相場が3日続落し、石油・ガス銘柄も売られた。主要産油国は今週末にカタールのドーハで生産目標維持について協議する。鉱業株は続落。英アングロ・アメリカンとスイスのグレンコアが大きく下げた。

  ストックス600指数は前日比0.4%安の342.79で終了。今週の上昇率は3.3%となった。2月11日の安値から一時14%値を戻したものの、過去最高値を付けた1年前とは異なり、上昇の勢いを得られない状態だ。世界景気をめぐる懸念の再燃で過去1カ月間は狭いレンジ内での取引が続き、年初来では6.3%下げている。

  ルツェルン州立銀行(スイス)のトレーダー、ベンノ・ガリカー氏は「今週は好調だった。本日は一服感が出た」と述べ、「決算も大丈夫なようだ。ここから株式相場の大幅上昇は見込んでいないが、徐々に上げていくだろう。来週発表される企業決算が予想を下回るかどうかが最大の懸案だ。そうなれば地合いが変わる恐れがある」と語った。

  この日はギリシャのアテネ総合指数が急騰し、西欧市場で上昇率首位。ピレウス銀行が銀行株の上げを主導した。欧州中央銀行(ECB)の報道官が、ギリシャの国内銀が保有する証券の一部は量的緩和(QE)の買い入れ対象だと言明したことが好感された。

原題:European Shares Trim Best Week in Two Months as Automakers Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE