米サンエジソン:債権銀行団とDIPファイナンスを交渉

再生可能エネルギーの米サンエジソンは、破産後のつなぎ融資であるDIPファイナンスをめぐり、債権団と交渉に入ったことを明らかにした。話がまとまる「保証はない」という。

  15日の発表によると、同社は年央までの業務継続に約3億1000万ドル(約337億円)が必要。DIPファイナンスは借り手が経営権を維持しながら連邦破産法11条の下で経営を再建するのを支援するが、再建の展開によっては経営権が貸し手に渡る可能性もある。

原題:SunEdison Enters Bankruptcy Loan Negotiations With Lenders (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE