NY外為(午前):円、対ドルで反発-ドーハ会合を控えた原油下落で

ニューヨーク時間15日午前の外国為替市場で、円がドルに対して反発。前日まで3日続落していた。カタール・ドーハでの産油国会議を控えた原油価格の下げで、安全資産とされる円を買う動きが強まった。

  ニューヨーク時間午前8時(日本時間午後9時)現在、円は前日比0.5%高の1ドル=108円86銭で取引されている。

原題:Yen Rallies as Oil Drops Before Exporters Meet in Doha(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE