米グッドリッチ・ペトロリアム、破産法11条の適用申請-債務再編へ

米エネルギー会社のグッドリッチ・ペトロリアムは、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。債務再編を実施する。

  同社は15日の発表文で「破産法11条の下での再編によって約4億ドル(約440億円)の債務をバランスシートから除外し、資本構造のレバレッジを大幅に低下させる。予想される商品相場環境改善の中で、長期的パフォーマンスを可能にするため戦略的な足場を築く」と説明した。

  破産申請について債権者と今月に入り合意していたグッドリッチは、事前合意の再編計画に基づく更生手続きを速やかに終えて営業を再開する。それに先立ち債務の株式化を求めたが、社債保有者から支持が得られなかった。

  監査法人が存続可能性に疑義を呈する恐れのある巨額損失に言及し、3月16日に予定されていた年次報告を遅らせていた。

原題:Goodrich Petroleum Files for Chapter 11 for Restructuring(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE