中国人民元、来年末までに19%下落へ-CLSAが最も弱気な予想示す

中国人民元は来年末までに19%下落すると、CLSAがブルームバーグ集計のアナリスト予想で最も弱気な見方を示した。

  CLSAのアジア調査責任者アマー・ギル氏(香港在勤)は15日の会議で、米利上げがドル相場を押し上げる中で、当局の人民元防衛策により中国の外貨準備高は来年半ばまでに2兆7500億ドル(約300兆円)を下回る水準に減少するだろうと述べた。これが同年後半に人民元の本格的な変動相場制へのシフトを促すとしている。

  CLSAは人民元が2017年末までに1ドル=8元に下落すると予測。ブルームバーグがまとめた他のアナリスト44人のどの見方より弱気だ。予想中央値は3.7%値下がり。

原題:CLSA Sees China’s Yuan Plunging 19% by 2017 in Most Bearish Call(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE