VW、欧州新車販売シェアが低下-1~3月として5年ぶり低水準

更新日時
  • VWグループのシェアは23.4%-前年同期は24.4%
  • 業界全体の欧州新車販売台数、3月は前年同月比5.7%増-ACEA

欧州自動車市場でドイツのフォルクスワーゲン(VW)のシェアが1-3月(第1四半期)としては5年ぶりの低水準となった。排ガス不正スキャンダルへの対応に追われるVWを避けた消費者が、BMWやダイムラー、フィアット・クライスラー・オートモービルズに向かった。

  欧州自動車工業会(ACEA)が15日発表した資料によれば、「VW」の他に「シュコダ」や「アウディ」などのブランドを含めたVWグループの新車販売シェアは23.4%となった。前年同期は24.4%だった。同社の1-3月期シェアとしては2011年以来の低水準だ。

  3月単月での業界全体の欧州販売台数は前年同月比5.7%増の174万台。2年7カ月連続のプラスとなった。1-3月期は前年同期比8.1%増の393万台。

  VWグループによる3月の欧州販売台数は2.3%増。VWブランドは1.6%減った。ドイツ国内でのVWブランド販売は6.3%減少。VWグループの欧州販売は1-3月期では3.5%増えたものの、VWブランドは0.5%減った。

  3月のその他各社はBMWが15%増、フィアット・クライスラーが13%増、ダイムラーは11%増えた。日産自動車は3.5%減と、先月の販売上位10社のうち唯一減少を記録した。10位以内に入らなかったものの、マツダが16%増となった。

原題:Volkswagen Europe Quarterly Market Share Hits Five-Year Low (1)(抜粋)

(最終段落に日本メーカーの販売動向を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE