ブラジル最高裁、大統領弾劾阻止の政府申し立て認めず-17日採決へ

ブラジル最高裁判所は15日、ルセフ大統領の弾劾阻止を目指した政府の申し立てを退け、予定通り下院本会議で17日に採決を行うことを認めた。大統領を続ける意向のルセフ氏にとっては打撃となる。

  国家総弁護庁(AGU)のカルドゾ長官は14日、弾劾手続きには不備があり、ルセフ政権は適切な弁護を受ける権利を得られなかったと主張していたが、最高裁判事は政府側の主張を8対2で退けた。昨年12月に受理された当初の弾劾要請に含まれていなかった疑惑については、議会は判断することはできないとも指摘した。

  最高裁の判断を受け、カルドゾ長官は記者団に対し、「差し止め命令を勝ち取ることはできなかったが、明るい面を見るとわれわれは弾劾手続きに制限を加えることができた」と述べた。

原題:Top Brazil Court Allows Impeachment Vote to Proceed Sunday (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE