中国:3月のファイナンス規模、予想を大幅に上回る-成長優先を示唆

中国の3月の経済全体のファイナンス規模は市場予想を大きく上回った。中国人民銀行(中央銀行)による刺激策で同国経済が安定化しつつあることが示唆された。

  人民銀が15日発表した3月の経済全体のファイナンス規模は2兆3400億元(約39兆6000億円)。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は1兆4000億元だった。3月の人民元建て新規融資も1兆3700億元と、市場予想の1兆1000億元を上回った。

  与信の大幅拡大は、人民銀が経済成長押し上げを優先していることを示す。中国の1、2月のデータは春節(旧正月)連休時期の前年とのずれで、ゆがみが生じる傾向にある。製造業に新たな勢いが生まれたことや大都市での不動産販売回復を受け、中国の景況感が持ち直している。

  同時に発表されたマネーサプライM2は前年同月比13.4%増。エコノミスト予想は13.5%増、2月は13.3%増だった。
  
原題:China’s New Credit Rebounds as PBOC Keeps Up Monetary Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE