米シーゲイト株が7年ぶり大幅安-予想下回る暫定売上高を嫌気

14日の米株式市場で、ハードディスク駆動装置(HDD)メーカーの米シーゲイト・テクノロジーの株価が7年ぶりの大幅安となった。前日の取引終了後に発表した暫定ベースの売上高が従来予想を下回ったことが嫌気された。

  同社の発表資料によると、1-3月(第3四半期)の売上高は暫定ベースで26億ドル、調整後の粗利益率は約23%と見込んでいる。従来見通しは売上高27億ドル、粗利益率25.6%だった。世界的なパソコン販売の低迷が響いた。

  シーゲイト株の14日終値は20%安と、2009年1月以来の大幅下落。13日までの1年間では39%下げていた。

  ドイツ銀行のアナリスト、シェリ・スクリブナー氏は13日、シーゲイトの投資判断を「バイ」から「ホールド」に引き下げた。短期的に上値が限られていることを理由に挙げた。

原題:Seagate Tumbles the Most in 7 Years as Forecasts Miss Targets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE