中国:1-3月GDP、景気安定化を示す-持続性には疑問も

更新日時
  • 工業生産、都市部固定資産投資、小売売上高は3月に伸び加速
  • 3月は与信が急増、住宅販売額は71%増加

中国経済は1ー3月(第1四半期)に安定し、3月に勢いが加速した。与信の急増を受けて不動産セクターが回復した。一方で、債務に支えられた成長の持続可能性をめぐり、疑問も浮かび上がった。

  国家統計局が15日発表した1―3月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.7%増。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値と一致し、政府が設定した通年の成長率目標(6.5-7%)とも合致した。工業生産、都市部固定資産投資、小売売上高は全て3月に伸びが加速し、市場予想を上回った。

  中国経済の安定化の兆しや米国の金融引き締めペースが緩やかになるとの見通しを受けて、このところ原油・金属が買われ株価も世界的に上昇している。3月に与信が急増したことで、懸念の対象は回復の持続力や、ゾンビ企業支援のためにどれだけの資金が投じられているかなどに移っている。

  クレディ・スイス・グループの日本を除くアジア経済担当責任者、陶冬氏(香港在勤)は「潤沢な流動性や不動産市場のセンチメント改善のおかげで経済は安定した」と指摘。「この勢いが持続可能かどうかは不透明だ。これまでのところは政府だけが支えているようなもので、民間投資を再び喚起することが不可欠だ」と述べた。

  中国人民銀行(中央銀行)が15日発表した3月の経済全体のファイナンス規模は2兆3400億元(約39兆5000億円)。1ー3月の前期比の伸びは昨年10ー12月(第4四半期)の2倍余りになったと、INGグループのアジア調査責任者ティム・コンドン氏(シンガポール在勤)が指摘した。

  JPモルガン・チェースの中国担当チーフエコノミスト、朱海斌氏(香港在勤)は「与信が高い伸びを示していることは、裏を返せば、債務が膨らみ続けているということだ」と指摘。「これを続けていくことはできない。 与信の一部はゾンビ企業の存続に使われていることが分かっており、効率的な与信の活用が重要だ」と述べた。

  信用緩和を背景に3月の住宅販売額は前年同月比71%増加し、1ー3月の不動産開発投資額は前年同期比6.2%増となった。

  3月の工業生産は前年同月比6.8%増。市場予想中央値は5.9%増、1ー2月は5.4%増だった。3月の小売売上高は同10.5%増。市場予想は10.4%増だった。1ー3月の都市部固定資産投資は前年同期比10.7%増。市場予想は10.4%増、1ー2月は10.2%増だった。

原題:China’s Economy Stabilizes as Debt Surge Spurs Property Comeback(抜粋)

(5-7段落目にコメントと背景を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE