イランの原油輸出が4月に大幅拡大-ドーハ産油国会合を17日に控え

  • 4月に入って1日当たり原油輸出が拡大、前月を60万バレル強上回る
  • 17日にカタールのドーハで増産凍結を話し合う会合が開かれる

イランの今月これまでの1日当たりの原油輸出量が前月平均を60万バレル余り上回ったことが分かった。カタールのドーハで17日に開かれる増産凍結を話し合う会合を前に、各国への圧力が強まった。

  ブルームバーグが集計したタンカーのデータによれば、4月1-14日にイランを出港したタンカーの積載原油合計は約2880万バレル(1日当たり200万バレル強)だった。3月の平均は約145万バレル。

  集計データによれば、イラン産原油の今月に入ってからの最大の輸出先は中国で、3月に中断した日本向けは再開している。

原題:Iran’s Crude Exports Surge With Days to Go Before Freeze Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE