カタールがノルウェーにラブコール、産油国会合参加を呼び掛け

  • 生産水準維持の暫定合意、価格を底打ちさせた-カタール
  • 合意への参加国増えれば、価格回復は続く

ロシアとサウジアラビア、ベネズエラ、カタールの4カ国による生産水準維持の暫定合意は石油価格を底打ちさせ、今週末に他の産油国を巻き込んで合意できれば、価格回復は続くはず-。カタールのエネルギー省はこのように見込んでいる。

  カタールのドーハでは17日から15カ国以上が参加する産油国会合が開かれる。アナリストやトレーダーは、生産水準の維持で合意できたとしても、目先で実際の石油生産にほとんど影響はないとの見方で一致している。

  カタールはノルウェーにもこの会合への招待状を送っていた。カタールのサダ・エネルギー相がノルウェーの石油・エネルギー省に宛てた書簡では、4カ国の暫定合意が「石油市場の地合いを変えた」と主張。ノルウェーのような産油国がさらに加われば世界的な供給過剰は緩和され、価格回復が「強まる」だろうと呼び掛けていた。ブルームバーグは情報公開請求に基づき同書簡を入手した。

  ノルウェーはこの呼び掛けに応じず、同国石油省が12日に配布した電子メールによると、産油国会合には出席しない。石油市場観測筋はこの会合で合意が成立する可能性を50%とみている。

  一方、この会合にはオマーンやアゼルバイジャン、コロンビアなど石油輸出国機構(OPEC)非加盟の産油国が参加の意思をこれまでに表明。イランやブラジルなど年内に増産を計画する数カ国は生産水準の維持には加わらない意向を示している。

原題:Qatar’s Oil-Freeze Letter to Norway Reveals Doha Deal Logic (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE