中国が土地利用を制限へ-「ネガティブリスト」に続き構造問題対策

中国は14日、新たな鉄鋼・石炭プロジェクト向けに土地利用を承認しない方針を打ち出した。2日前には供給過剰問題を抱える産業をめぐり、「ネガティブリスト」を通じた投資規制を発表している。

  国土資源省の声明によれば、石炭鉱業の土地利用申請も今後3年間、承認されない。同省は法執行の範囲を拡大し、規定違反について処分を下すとも説明した。

  中国は重工業が抱える過剰生産能力の削減を通じ、経済が直面する構造問題に対処しており、土地利用の制限はその最新の取り組みとなる。中国国家発展改革委員会(発改委)は12日、時代にそぐわない鉄道事業など国内の幅広い開発事業を禁止する試験的なルールを記した135ページに及ぶ文書を公表したばかり。

原題:China Takes Aim at Steel to Coal Gluts With Curbs on Land Use(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE