アジア株:7日続伸、世界株高で-シンガポール金融緩和で通貨は下落

14日のアジア株式相場は7営業日続伸。ここ1年で最も長期の上昇局面となっている。中国経済や米企業決算見通しをめぐる新たな楽観的見方に支えられ、世界的に株価が上昇した流れを引き継いだ。シンガポールが予想外に金融緩和に踏み切ったことでアジア通貨は下落した。

  金融株がMSCIアジア太平洋指数の上げに最も寄与している。米銀JPモルガン・チェースの1ー3月(第1四半期)決算が予想を上回ったことが好感された。原油価格の続落を受け、エネルギー株が10業種中で最低のパフォーマンスとなっている。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後2時27分現在、前日比1.3%高。TOPIXや香港市場のハンセン指数も上昇している。

原題:Asian Stocks Rally as Singapore Easing Hits Regional Currencies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE