踊って話せる携帯電話ロボット、シャープが5月に発売

  • ロボットと会話し操作が可能、本体価格19万8000円
  • 月産5000台計画、半年で黒字化目指す

シャープは14日、ロボット型携帯電話「ロボホン」を5月26日に発売すると発表した。通話のほかロボットと会話をして操作できることが特徴で、本体価格は19万8000円(税別)。

  本体の高さは19.5センチ、重さ390グラムで、14日からウェブサイトなどで予約を受け付ける。毎月980円の基本料金と、通話やデータ通信のための契約が別に必要になる。ロボホンは歩いたり踊ったりすることのできる人型ロボットで、メールの送受信やカメラ、プロジェクター機能も備える。「あしたの天気は?」と話しかけると、音声で答えるなど会話も可能。

  シャープは台湾の鴻海精密工業への身売りを決め、抜本的な経営再建を目指している。ロボホンは「モノの人工知能化」を次世代家電の戦略として掲げるシャープの新商品で、月産5000台を計画する。今後は海外展開についても検討する。

  長谷川祥典専務執行役員はロボホンの収益について「半年で黒字化したい」と話した。また「知性を持ち愛着を感じる家電製品は、人の生活をより豊かにする存在に変わっていく」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE