野村がアジア太平洋現物株の組織再編-セールス責任者オニール氏起用

野村ホールディングスはアジア太平洋の株式業務再編および人員削減の一環として、現物株セールスのアジア太平洋責任者にジェームズ・オニール氏を起用する人事を決定した。

  北アジアの株式セールス責任者スタンリー・ウォン氏と、株式戦略グローバル責任者兼アジア(日本を除く)チーフストラテジストを務めていたマイケル・カーツ氏は退職する。香港在勤の広報担当のアーロン・パン氏が、ブルームバーグが入手した行内文書の内容を確認した。

  オニール氏はこれまで務めてきた日本を除くアジア向け日本現物株セールス責任者も兼務し、日本を除くアジア向け株式責任者の本谷大輔氏と、日本向け株式責任者の明渡則和氏が直属の上司となる。

  野村はオニール氏の下で現物株の組織再編を行い、香港・中国の現物株セールス責任者にミリアム・チャン氏を起用。グレーム・ベイトマン氏が日本を除くアジアのゼネラリストセールス責任者となる。同氏は日本を除くアジアのミドルマーケッツ責任者もこれまで通り務める。

  さらにサイトウ・ユキ氏が香港在勤の日本の現物株セールス責任者に起用され、日本の機関投資家向けアジア現物株セールス責任者(香港在勤)も兼務する。

原題:Nomura Reorganizes Asia Equities Team as Nagai Starts Job Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE