米ゴープロ、アップルのベテランデザイナーを獲得-株価急騰

  • ダニー・コスター氏はデザイン部門バイスプレジデントに
  • ウッドマンCEOの直属となり、4カ月末から勤務開始

米ウエアラブルカメラメーカー、ゴープロは、米アップルから勤続20年余りのベテランデザイナーを獲得した。これを受けてゴープロの株価はほぼ2年ぶりの大幅高となった。

  13日のゴープロの発表によると、500超のデザイン特許を持つダニー・コスター氏はデザイン部門のバイスプレジデントとなり、直属の上司はニック・ウッドマン最高経営責任者(CEO)で、4月末から勤務を開始する。秘密主義で精鋭集団のアップルの工業デザインチームからの移籍はまれ。

  ゴープロは発表文で、コスター氏は新たなポジションにおいてハードおよびソフトウエアやサービスなど、デザインの全ての面で影響力を発揮することになると説明した。

  13日の米株式市場でゴープロ株は一時20%高となった。日中としては2014年7月1日以来最大の上げ。今回の人事については、ハイテクニュースサイトのジ・インフォメーションが先に報じていた。

  アップルなどの携帯電話メーカーやドローンメーカーなどとの競争が激化する中で、ゴープロに対しては技術革新の圧力が高まっている。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジテンドラ・ワラル氏は「今回の採用によって、こうした企業はデザインに一段と重きを置くことで盛り返そうとする可能性があるとの見方が幾分裏付けられた形だ。ここではタイミングが重要だが、ゴープロは十分迅速には動いていない。新規加入のこの人物がそうしたプロセスを加速させるようなら、良いことかもしれない」と語った。

原題:GoPro Hires Veteran Apple Designer Seeking to Spur Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE