政府:インフラ整備へ財投などの活用検討-「金利情勢」生かす

  • さまざまな手段通じて経済活性化、インフラ整備重要-菅官房長官
  • 自民・二階氏は「ゼロ金利」利用した景気刺激策を提案

政府は、日本銀行によるマイナス金利政策の導入で国債の金利が低く抑えられている環境を活用し、財政投融資の活用などでインフラ整備を進める方策を検討している。

  菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、インフラ整備について「経済の好循環というものを確かなものにするという観点」から、「さまざまな手段を通じて経済の活性化に資するために、国内のインフラ整備を進めていくことは極めて重要な課題」との認識を示した。その上で、「現下の金融情勢の下で財政投融資の活用などによってどのような対応がありえるのか、さまざまな方策を検討している」と語った。

  14日付の日本経済新聞朝刊は、政府・与党がインフラ整備に使い資金をほぼゼロの金利で民間企業に融資する仕組みを検討しており、国債を増発し、日本政策投資銀行など政府系の機関を通じて最大で3兆円を貸し出すと報じた。

  自民党の二階俊博総務会長は3月、日銀のマイナス金利政策によって実質的に「ゼロ金利」になっている状況を最大限に活用し、政府が「積極的景気刺激策」を断行するよう唱えた提案を文書で発表。建設国債や特例公債を活用して一億総活躍や国土強靭化などの重要政策を進めるよう求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE