NZ中銀:3月利下げ決定のリーク確認-今後は解禁付き提供やめる

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は14日、先月の予想外の利下げ決定が1人のジャーナリストによってリークされていたことを明らかにした。この情報が解禁前の金融市場に影響を与えたことを示す証拠は見つからなかったという。

  準備銀が公表したデロイトの調査結果によると、政策金利の決定が行われた3月10日、報道機関がロックアップされていた場所から、ニュースハブ・メディアワークスの記者がオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)引き下げに関する情報を解禁前に送っていた。この情報はニュースハブ・メディアワークスの別の人物からブロガーに渡ったという。

  準備銀は「デロイトの調査をメディアワークスの法務チームが支援した。同チームは内部調査を行い、リークを確認する電子メールを発見し、これらをデロイトに伝えた」と説明。今後は政策金利の決定など金融政策に関する声明や金融安定化報告を解禁付きで事前に提供するのをやめるとした。

  メディアワークスに電話でコメントを求めたが、現時点で返答はない。

原題:RBNZ Says March Rate Cut Was Leaked, Will Discontinue Lockups(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE