中国の東北特殊鋼、社債不履行-会長死亡発見後で3度目

中国の製鉄会社、東北特殊鋼集団の社債が不履行となった。同社会長が亡くなった状態で発見されて以来3度目の不履行で、中国企業の債務返済をめぐる苦境が広がっている。

  チャイナマネーのウェブサイトに掲載された資料によれば、同社は社債(表面利率5.63%、2018年償還)の12日支払い予定となっていた利息4504万元(約7億6000万円)相当の支払いが滞った。大連に本社を置く東北特殊鋼はキャッシュフロー逼迫(ひっぱく)を理由に挙げ、さまざまな手段で資金を集めていると説明した。

  東北特殊鋼は会長の楊華氏が自宅で首をつった状態で死亡していたと発表した数日後の3月28日、8億5200万元相当の社債に関して支払いを怠った。先週は別の10億1000万元相当の証券についても支払いできなかった。

原題:China Steelmaker Misses 3rd Bond Payment as Defaults Spread (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE