鉄鉱石価格、60ドル台に上昇-中国の輸出好調と鉄鋼会社の需要で

  • 鉄鉱石価格は3年連続で下落後、今年に入って39%上昇
  • 経済成長てこ入れ示唆受け、鉄鋼各社が購入増やす

鉄鉱石価格は引き続き強気派を満足させている。中国が発表したデータで同国の経済が改善する兆しが示されたほか、国内鉄鋼会社の利ざや拡大で需要が伸びている。過去3年間低迷していた価格は1トン=60ドル台に回復した。

  メタル・ブレティンによれば、中国の青島に荷揚げされる鉄鉱石(鉄分62%)の価格は13日、前日比2.1%上昇し1ドライトン=60.48ドルと、3月8日以来の高値を付けた。価格は3日続伸し、年初来では39%上昇。昨年は世界的な供給過剰と中国の鉄鋼需要の縮小により、39%下落していた。

  当局者らが経済成長てこ入れの準備をしていることを示唆し、港湾在庫増加にもかかわらず鉄鋼各社が購入を増やしたことを受け、鉄鉱石価格は今年に入って予想外に上昇。13日に発表されたデータでは、中国の輸出が今年に入って最大の伸びを示し、同国経済が安定しつつある可能性が示唆された。

原題:Iron Leaps Above $60 as China Data, Steel’s Rally Boost Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE