4月14日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルに底入れ感、世界的に中銀が自国通貨高を警戒

14日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が小幅高。年初来 で4.2%下げているドルに底堅さが出始めている。

海外の中央銀行が対ドルでの自国通貨高を抑制しようとしているた め、前日のドルは3週間ぶりの大幅高となった。シンガポール通貨庁 (MAS、中央銀行)は14日、シンガポール・ドルの為替レートについ てゼロ%上昇の中立的な政策スタンスに移行すると発表し、予想外の金 融緩和に踏み切った。カナダ銀行(中銀)は1月中旬から10%余り上昇 しているカナダ・ドルが景気に悪影響を及ぼし始めていると警告。今月 に入って主要通貨の中で最も上昇している円に対し、日本の当局は口先 で押し下げようとしている。

利上げペースをめぐる米金融当局者の慎重なコメントを受け、ドル は年初来で軟調に推移している。アトランタ連銀のロックハート総裁 は14日、利上げに関して辛抱強さが正当化されると語った。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券調査 責任者、ジェニファー・ヴェイル氏は「これらの国の一部には介入しな いよう圧力がかなり掛かるだろう」と指摘。「低成長の環境では強い通 貨をさほど長くは維持できない」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは 対ユーロで0.1%未満高い1ユーロ=1.1268ドル。対円ではほぼ変わら ずの1ドル=109円40銭。

国際通貨基金(IMF)は12日公表した最新の世界経済見通し (WEO)で、世界経済は負の衝撃に一段とさらされるリスクが高まっ ていると警告。2016年の世界成長率予想を3.2%と、1月時点の予想 (3.4%)から引き下げていた。

元IMFエコノミストでロンドンのSLJ マクロ・パートナーズ の共同創業者であるスティーブン・ジェン氏は「ドル減価により、経済 が弱い国の通貨を押し上げるのは合理的でもないし、世界にとって非生 産的だ」と述べた。

米国では金融当局が弱い世界経済と国内の低インフレを理由に利上 げ見通しを下方修正している。アトランタ連銀のロックハート総裁は14 日、4月利上げが適切だとは思わないと表明。3月の消費者物価指数が 予想を下回ったため、低インフレに一段と取り組む必要があるとの見解 を示した。

ソシエテ・ジェネラルのグローバル・ストラテジスト、キット・ジ ャックス氏はドルの最近の下落局面について、国際情勢を受けた次の上 昇基調に入る前の一服にすぎないと指摘。「ドルの上昇は米経済の強さ よりも米国以外の景気の弱さが原動力になるだろう」と述べた。

原題:Dollar Slide Pauses as Global Central Banks Cue Up More Easing(抜粋)

◎米国株:ほぼ変わらず、銀行株は上昇-テクノロジー株は下げる

14日の米国株はほぼ変わらず。S&P500種株価指数は4カ月ぶり 高水準付近。ダウ工業株30種平均は昨年7月以来の高値に上昇した。投 資家は企業決算の内容を見極めようとしている。朝方発表された経済統 計では、労働市場の改善と物価上昇圧力の不在が示された。

この日は銀行株が上昇した。バンク・オブ・アメリカ(BofA) は5日続伸。同行はまだコスト削減の余地があるとの見解を示した。デ ルタ航空など航空株も高い。テクノロジー株は下落。シーゲイト・テク ノロジーは20%急落。同社が暫定値で発表した売上高は予想を下回っ た。

S&P500種株価指数は0.1%未満上げて2082.78。前日は12月4日 以来の高値をつけた。金融株や商品株の値上がりでS&P500種は週間 ベースで1.7%上昇している。ダウ工業株30種平均は0.1%高の17926.43 ドルと、昨年7月20日以来の高値。

FBBキャピタル・パートナーズのマネジングディレクター、マイ ケル・ムッシオ氏は「ここ6-7週間で得た利益を確定する時期だ」と 述べ、「様子見の展開に戻った。市場はある程度上向きのサプライズを 織り込んでいるようだが、それはまだ分からない」と続けた。

アナリストはS&P500種採用企業の第1四半期決算を10%減益と 予想している。

この日は半導体やテクノロジーのハードウエア企業が特に売られ た。シーゲイトのライバル企業ウエスタンデジタルは6.7%下落。半導 体マイクロン・テクノロジーは4.4%値下がりした。マイクロンは10億 ドルの社債売り出しを計画していることを明らかにした。

デルタ、アメリカン航空グループ、ユナイテッド・コンチネンタ ル・ホールディングスはいずれも上昇した。

チポトレ・メキシカン・グリルはJPモルガン・チェースによる株 式投資判断の引き上げが好感されて上昇した。

再生可能エネルギーのサンエジソンは58%の急伸。財務諸表に誤り がなかったことを明らかにした。

原題:U.S. Stocks Fluctuate as Banks Advance, Technology Shares Slump(抜粋)

◎米国債:小幅安、30年債入札は強い需要でディーラー比率過去最低

14日の米国債相場は小幅下落。米財務省はこの日、発行額120億ド ルの30年債入札を実施。強い需要を集め、プライマリーディーラー(政 府証券公認ディーラー)の落札比率は過去最低となった。

3月の消費者物価指数(CPI)の伸びはアナリスト予想を下回っ た。インフレが抑制され、欧州や日本でマイナス金利が導入されている 環境で、資金は高い利回りへと向かった。バンク・オブ・アメリカ・メ リルリンチのデータによれば、米長期債相場は年初から約10%急伸し、 値上がり率は米国債全体の2倍を超えている。

30年債入札の結果によると、最高落札利回りは2.596%。ドイツ の0.85%、日本の0.4%を上回る。プライマリーディーラーの比率 は24.1%と、2006年までさかのぼったデータ上の最低水準となった。海 外の中央銀行や投資信託を含む間接入札者の落札全体に占める割合は 約65%と、昨年9月以来の高水準に達し、過去3番目に高い。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏(ニューヨーク在勤)は「入札では顧客から非常に強い需要があっ た」と指摘。「ここ以外に行くところがないからだ」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、ニューヨ ーク時間午後4時59分現在の30年債利回りは前日比2ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の2.6%。同年債(表面利率2.5%、2046 年2月償還)の価格は97 29/32。10年債利回りは3bp上げて1.79%。 先週は2月以来の低水準に下げていた。

30年債入札の最高落札利回りはブルームバーグがまとめた予想 の2.617%を下回った。米財務省はこれで、今週3回の中・長期債入 札、合計560億ドル相当を完了。13日の10年債入札でも旺盛な需要が見 られ、間接入札者の落札全体に占める割合は前回入札から上昇。最高落 札利回りは予想を下回った。

この日の米国債入札には、アトランタ連銀のロックハート総裁の発 言も影響した。同総裁はブルームバーグラジオとテレビジョンのインタ ビューで、成長の軟化と依然低い水準にあるインフレを踏まえて、今月 の利上げはもはや求めないと発言。個人消費支出や企業の投資は「軟化 しているようであり、確かにそれは私をためらわせる」と述べた。

金利先物市場が織り込む年内利上げの確率は約53%。この算出は次 回利上げ後の実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.625%にな るとの仮定に基づく。

ウエスタン・アセット・マネジメントのシニアポートフォリオマネ ジャー、カール・アイクスタッド氏はブルームバーグテレビジョンとの インタビューで、「米当局はハト派寄りになってきた」と指摘。「金融 引き締めの条件は整っている。当局はこれまでより慎重になるだろう。 今年2回の利上げは理不尽ではない」と述べた。

原題:Wall Street Left With Record Low Amount at 30-Year Treasury Sale(抜粋)

◎NY金:続落、世界の株価上昇で-逃避需要が減退

14日のニューヨーク金先物相場は続落。金スポット相場も下落し、 過去3週間では最長の3日続落。世界の株価指標が今年の高値水準に近 づく中、投資家のリスクテーク意欲が改善、逃避先資産とされる金の需 要が減退した。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア・マーケット・ストラテ ジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は電話インタビューで、「市場は今、 株に注目しており、金は短期的に目立たない存在となっている」と指 摘。「リスク選好のセンチメントが戻っており、それが金を圧迫してい る」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時21分現在、金スポット相場は前日 比1.4%安の1オンス=1225.77ドル。年初からはなお16%上昇してい る。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日 比1.7%安の1オンス=1226.50ドルで終了。

銀先物は前日比0.3%下げて1オンス=16.161ドル。ニューヨーク 商業取引所(NYMEX)のプラチナも下落。パラジウムは上昇した。

原題:Gold Flirts With Worst Run in 3 Weeks as Global Equities Rally(抜粋)

◎NY原油:続落、ドーハ会議近づく-IEAは需給改善を予想

4日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が続落。17日にドーハで開催される生産 国会議の供給への影響は限定的との見方から売りが続いた。朝方には国 際エネルギー機関(IEA)が世界の石油市場は7-12月(下期)に 「均衡に近づく」との見通しを示し、原油価格は下げ渋る場面もあっ た。

USバンク・ウェルス・マネジメントのシニア債券ストラテジス ト、ダン・ヘックマン氏(カンザスシティー在勤)は「市場はドーハ会 議の話題で持ちきりだが、生産水準の据え置きで合意が発表されても、 影響は極めて小さいだろう」と予想。「サウジアラビアとロシアはすで に過去最高水準に近いペースで生産しているからだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日 比26セント(0.62%)安い1バレル=41.50ドルで終了。ロンドン ICEの北海ブレント6月限は34セント(0.8%)下げて43.84ドル。

原題:Oil Slips Before Doha Talks as IEA Sees Global Market Balancing(抜粋)

◎欧州株:5日続伸、3月以後最長の上昇局面-決算好感でネスレ高い

14日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は5営 業日続伸し、3月以降では最長の上げ局面となった。スイスの食品メー カー、ネスレが食品・飲料株の上げを主導した。

ネスレは2%上昇。1-3月期の増収率がアナリスト予想を上回っ たことが好感された。英人材派遣会社ヘイズは7.3%値上がり。1-3 月期の純手数料収入が17カ国で10%以上の伸びとなった。

ストックス600指数は前日比0.3%高の343.99で終了。3月14日に付 けた2カ月ぶり高値に接近した。朝方の0.4%安の下げは解消し、一時 は0.4%高まで上げた。

バンクハウス・ランプ(デュッセルドルフ)のストラテジスト、ラ ルフ・ツィマーマン氏は「決算発表が注目材料だ」とし、「最近の相場 反発の後では、やや大きな不透明感がある。相場は上下するだろう。中 国のマクロ経済データは安定したが、安定と再加速は別物だ」と語っ た。

銀行株は一時の下げを消し、5営業日続伸。前日は2011年以来の大 幅上昇を演じていた。バンコ・ポポラーレやウニクレディトなどイタリ アの銀行が上げを主導した。

原題:European Stocks Cap Longest Rally in Six Weeks; Nestle Advances(抜粋)

◎欧州債:総じて下落-インフレ統計と原油値上がりで

14日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて下落した。3月 の域内インフレ率が横ばいに上昇修正されたほか、原油相場が上昇した ことが背景にある。

前日上昇したイタリアとスペイン、ドイツの国債はいずれもこの日 は値下がり。一連の国債発行に伴う週初の売り浴びせで相場が下落した のは一時的なものだという強気な見方を後退させた。

ラボバンク・インターナショナルの欧州金利戦略責任者、リチャー ド・マクガイア氏(ロンドン在勤)は、原油相場の回復は「安全資産で ある債券に対する圧力と一致する」とし、「インフレにはまだ勢いがな く、相場を動かす力はない。(債券は)まだ強気局面にあり、この日の 下落を参入の機会と考えることができる」と語った。

ロンドン時間午後4時18分現在、ドイツ10年債利回りは前日比3ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.16%。前日はここ1 カ月で最大の下げとなる4bp低下し、11日には0.07%と1年ぶりの低 水準を付けていた。同国債(表面利率0.5%、2026年2月償還)価格は この日、0.315下げ103.32。

スペイン10年債利回りは4bp上昇し1.50%、同年限のイタリア国 債利回りは6bp上げ1.36%となった。

原題:Europe’s Bond Rally Halted as Regional Inflation Revised Higher(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE