きょうの国内市況(4月14日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日経平均が500円超高、全業種上げ1カ月ぶり3連騰-円安、需給期待

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は日経平均株価が500円以上急騰し、1カ月ぶりの3連騰。為替のドル高・円安推移、底堅い米国の銀行決算から企業業績への過度な警戒感が後退した上、海外投資家による見直し買い期待も広がった。保険など金融株、鉄鋼など素材株、不動産や陸運、電機株など幅広く買われ、東証1部33業種は全て高い。

  TOPIXの終値は前日比38.91ポイント(2.9%)高の1371.35、日経平均株価は529円83銭(3.2%)高の1万6911円5銭。両指数とも3日続伸は3月14日以来で、上昇率は同2日以来の大きさだ。

  アムンディ・ジャパンの吉野晶雄チーフエコノミストは、「原油とドルの間に通常見られないような相関が出ており、日本にとって原油高・ドル高という足元の組み合わせは、海外投資家のリスク許容度の高まりと資源国向けなどへ輸出の伸びにつながる」と指摘。投機筋は日本株をアンダーウエートしていたとみられ、「原油高・為替安定・中国輸出の回復という環境下での買い戻し」とも話していた。

  東証1部33業種の上昇率上位は保険、鉄鋼、ガラス・土石製品、パルプ・紙、陸運、不動産、電気・ガス、証券・商品先物取引、非鉄金属、銀行など。東証1部の売買高は25億273万株、売買代金は2兆6689億円。上昇銘柄数は1797、下落125。

  売買代金上位ではトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループなどメガバンク3行、ファナック、三井不動産、野村ホールディングス、第一生命保険、任天堂、神戸製鋼所が高く、今2月期は増益増配を見込むイオン、クレディ・スイス証券が投資判断を上げたJFEホールディングス、SMBC日興証券が判断を上げたJR東海はそろって大幅高。半面、小野薬品工業、今期計画が市場予想を下回ったローソン、ジェフリーズ証券が目標株価を下げたSUMCOは安い。決算を受けゴールドマン・サックス証券が投資判断を下げたガリバーインターナショナルは急落。

●債券上昇、2年・30年・40年利回りが過去最低-入札低調で下落場面も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。新発2年債利回りに加えて、30年債や40年債利回りが一時、過去最低水準を更新した。日本銀行の長期国債買い入れによる需給環境の良さや根強い追加緩和観測を背景に買いが優勢だった。

  長期国債先物市場で中心限月6月物は、前日比3銭高の151円66銭で取引を開始し、いったんは151円71銭まで上昇した。午後に発表された30年債入札結果が低調となると水準を切り下げ、12銭安の151円51銭まで下落した。すぐに持ち直して、再び151円71銭まで上昇。結局は5銭高の151円68銭で引けた。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「日銀の買い入れが需給を支えている上、今週初めまでの円高・株安や世界経済をめぐる不透明感もあり、追加緩和期待も根強い」と指摘。「2年債など短いゾーンもしっかりだし、30年債や40年債はこの利回りで買うのは正常とは言いがたい水準だが、上がらないという安心感がある。中国経済や原油価格などが改善に向かう可能性はあるが、日本国債の利回りはなかなか上昇が見えてこない」と話した。

  現物債市場で新発30年物の50回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいの0.405%で開始し、2ベーシスポイント(bp)低い0.385%と過去最低を更新。入札結果発表後に0.42%まで上昇した後、再び0.385%まで下げ、その後は0.40%。新発40年物の8回債利回りは2bp低い0.405%と、7日に付けたこれまでの最低水準を下回って開始。午後は0.425%を付けている。

  長期金利の指標となる新発10年物国債の342回債利回りは0.5bp高いマイナス0.085%で開始後、午後に入るとマイナス0.075%まで上昇したが、その後はマイナス0.095%。新発2年物の363回債利回りは午後に入ると1.5bp低いマイナス0.26%と過去最低を更新している。

  財務省が午後発表した表面利率0.8%の30年利付国債(50回債)の入札結果によると、最低落札価格は110円35銭と、市場予想の110円85銭を下回った。小さければ好調なテール(平均と最低落札価格の差)は67銭と2013年4月以来の大きさ。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は3.39倍と前回の4.21倍を下回った。一方、足元の金利低下を反映し、平均落札利回りは0.388%、最高落札利回りは0.411%と、ともに過去最低を更新した。

●ドル・円が1週間ぶり高値、世界的株高でリスク選好-109円台半ば

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場では、ドル・円相場が1週間ぶりの高値を付けた。世界的な株価上昇を背景に、リスク選好の円売りがやや優勢となった。

  午後3時45分現在のドル・円相場は1ドル=109円47銭付近。朝方に付けた109円25銭を下値に一時109円55銭と、7日以来の水準までドル高・円安が進んだ。

  三菱UFJ信託銀行資金為替部為替市場課の一口義仁課長は、「ドル・円は年度初めからの下落がいったん巻き戻された格好」と指摘。ただ、「ショートカバー主体で本格的に押し上げていく雰囲気はなく、110円を抜けて上がっていく感じではない」と話す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE